INTERVIEW

scroll

代表インタビュー

cut_top

ごあいさつ

良いヘアスタイルは人を笑顔にし、幸せにできる。
そう信じて、大阪・玉造でスタートしたサロン「green」

「心を切れるステキな人になる」という理念のもと、
ヘアスタイルだけでなく、お客様の心まで豊かにする。

玉造 − 夕陽ケ丘 − 天神橋

素敵なアスタイルをした人が、たくさん歩く街をつくっていきたい。

そして、働くスタッフにとっても
〝美容師として1番輝ける場所〟〝いきいきと自分らしくいれる場所〟
であるように、常に向上していきたい。

greenで一緒にたくさんの笑顔と出会いませんか?
美容師になったきっかけはなんですか?
よく聞かれますが、なんとなくです。笑
デザインすることやクリエイティブなことがもとから好きで、お客様に直接サービスできるところがいい仕事だなと思いました。

両親が美容師だったので、高校生ぐらいのときに美容師になろうと自然に思っていましたね。でも、ぼくはいろんな仕事をしてみたくて他の仕事もしていたので、美容師としてスタートとしたのは遅かったのですが、今は美容師が自分にとって最高の仕事だと心から思います。
美容師になってよかったことを教えてください
自分の手でお客様を幸せにできる仕事、というところが一番思います。ダイレクトに反応が伝わるところがいいですね 。
ファッションも自由にできる職場なので、おしゃれが好きな人に向いてますよ!
美容師として普段から大事にしていることは?
会社の理念にある「心が切れるステキな人になる」という言葉です。

美容師として活躍するには、見た目だけでなく、人としての中身も大事にしてほしいと思っています。

仲間からもお客様からも「あの人、なんかいいよね。」「あの人素敵だね」と思われるような、
心も豊かな人物を目指して、greenでいっしょに成長してもらえたら嬉しいです。
開業しようと思った経緯は?
美容師としてデビューした時から「いつか自分の店を持ちたい」と思い続けていました。
コンセプトやメニューなどサロンに関わることを自分で作りたいなと。

そして今は店を持つというよりもサロンの様々なことから、そこで働くスタッフが輝けるような「プロデュースがしたい」というほうが近いですね。
どういったお店作りを心がけてされていますか?
「ハイエンドカジュアル」をサロンとヘアスタイルのコンセプトとしています。
気軽にリラックスできる空間で、最上質のサービスを提供することを大切にして、
お客様にとって、サロンは身近な存在だけど、greenに行くと元気になれたり幸せになれるような場所であることを心がけています。
開業して大変だったことはなんですか?
人がなかなか定着しなかった時期があったことです。
その時は、自分が背中を見せていれば自分の意思に共感するスタッフがついてくる、と思っていたんです。でも、それだけでは人は定着しないんですね。
なので今は、お客様への満足度だけでなく「長く勤めたいと思ってもらえる職場作り」もとても大切にしています。
教育についての考えを教えてください
創業から数年は中途採用のスタッフを中心としていた時期がありましたが、
今は新卒採用を中心として、1から大切に育てようという気持ちがあり大事に教育しています。

トレンドの移り変わりの早い美容の業界において、
つねに情報を更新して最先端でい続ける部分と、
変わることのない・変えてはいけない基礎的な技術や考え方とをしっかりと区別し、
アシスタントの期間に基礎的な部分、スタイリストデビュー後にも続くレッスンでトレンドの部分に重点を置いて取り組む、充実した教育カリキュラムを用意しています。

気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。
運営において目指していることは?
大阪のリーディングサロン、リーディングカンパニーになることを目指しています。

greenのサロンがある街・エリアで、美容やトレンドを発信・牽引する存在であることが目標です。

何をもって「一流・一番」というのかは難しいと思いますが、まずは地域で一番のサロン・カンパニーになれるよう努力し、
その次に、対象エリアを広げて展開していきたいです。
採用情報はこちら