トップへ

uemachi information

yuhigaoka information

tres information

green and Happy!! ~greenのスタッフが贈る、みんなを美しく輝かすブログ~

2017.09.24 Update.

blog 夕陽丘店

「韓国に行ってきたよ!」って話。

アンニョンハセヨ~ yuhigaoka店の生野喜子です。

 

もう1か月ほど前の話になりますが、夏休みを頂き、韓国へ行ってまいりました!

 

 

4泊5日、早朝出発の深夜帰宅で、夏休みを丸々韓国へ注いだ甲斐あって、

充実した韓国旅行となりました!

 

勿論、生野レベルの韓国中毒者は、

ハングル文字を見ているだけでもウキウキが止まらないのですが、

皆さんが聞きたいのは、そこじゃないですもんね?

 

「ドコに行ったら、初心者でも楽しめるんだ!?」って話ですよね?

わかります。 わかりますよ!!!

 

 

では、今回友人を連れて行き、十分に満足してもらった場所をご紹介したいと思います!!!

今回の旅で私が一番足を運んだであろう場所「東大門」

ご存知の方も多い、韓国有数の観光スポットです。

「東大門」という、宮廷時代の門があるのは勿論ですが、

こちらは言わずと知れた“眠らない街”

 

地下鉄を降りると、すぐに見えるのは、大きなデパートの群れ!!!

大阪でいう「本町」のようなファッション関係の問屋さんや

若手デザイナーさんのお店が沢山あります。

 

デパートに関しては、昼間も空いているのですが、東大門が面白いのは、

 

 

だいたい22~23時頃から、人が集まってきて、露店が軒を連ねます。

 

老舗ファッションビル「ミリオレ」や、最近人気のファッションビル「DOOTA」では、

安くて良い物は勿論、若手デザイナーさん達のポップで可愛い店や

モードでエッジの効いたお洋服が目につきます。

 

そのファッションビル群を抜け、東大門駅へ向かう道の途中に見えてくる、

怪しいネオンの商店街。

笑っちゃうぐらいバブリーなネオンがギラギラひかる建物の中に入ると、

所狭しと並ぶ商品を並べたお店がギッシリ!!!!!

「船場センタービル」をギュッとコンパクトにまとめたようなイメージです。

 

基本的には、業者さんを対象にしたお店が多いので、接客という言葉は皆無に等しいです。

(基本、韓国人は不愛想だと思っていれば、むしろ優しく感じる程度ですwww)

 

棟ごとに扱っている物が違うようで、靴!帽子!スカーフ!カバン!と同じ商品が延々続くので、

時間と体力に余裕を持っていくことをお勧めします。

 

どこの店もだいたい朝まで営業しているので、

晩御飯を食べた後からでも十分楽しめお買い物スポットです。

 

 

 

そう!そう! 肝心のグルメ情報を忘れていましたね!

 

東大門に来たら、もちろんタッカンマリ」。

 

今回は、観光サイトを調べ、『元祖 ウォンハルメ ソムンナン タッカンマリ 東大門』へ行ってきました。

 

 

地図アプリを頼りに向かっても、かなり難易度の高い場所にありましたが、

その辺は市場を楽しめたという事で許せる範囲内です。

 

ここは、初心者用にセットメニューが用意されているので、

壁に貼ってある日本語メニューを指さして「イゴ チュセヨ~」の一言でオーダーOK!!!

つけダレも店員さんが作ってくれるので、後は飲み水を自分で入れるだけ。

目の前でバツンバツンと鶏をカットしてくれる様は、とても衝撃的ですが、

それ以上に美味しいので動画を撮って楽しみましょう。

 

〆の乾麺うどんが、鶏と野菜の出汁をたっぷり吸って、最高に美味しいです♡♡♡

更に、2日目に行ったコプチャン(ホルモン焼肉)もお勧めなので、ご紹介します!

 

こちらは簡単な場所にある有名店『プルタヌンコプチャン 本店』。

 

 

 

韓国での料理のオーダーは、基本的には人数分

 

コプチャンの後、先ほどまでホルモンを焼いていた鉄板の上で、焼き飯を作ってくれるのが鉄板料理の〆。

どうしても〆の焼き飯が食べたいので、最初の時点でオーダーすると…

「日本人は(量的に)食べられないから、やめときなさい」とオーダー拒否www

 

まぁ、案の定、はち切れそうなほどお腹いっぱいになったんですけどね。

サービスで出てきた生レバーとセンマイが予想以上に多かったから…

食べている途中、様子を伺いに来たアジュマが、

何食わぬ顔で鉄板の上に食パンを投入!!!!!

あまりの衝撃に私も友達も言葉を失いましたが、数分後、何やら美味しい香りがしてきました。

 

ホルモンの油でカリッカリに焼けたトースト。

それは、美味しい味を全部吸い込んだトーストが完成していたのです。

 

例えるなら、トースターで焼き立てホヤホヤのカリカリパンに、バターを塗った味たけど、

焼き立てホヤホヤのあのカリカリを一生キープし続けているトーストです。(←伝わっていますか?)

 

友達は、この旅で一番美味しかった物を、このトーストだと言っていたぐらい、これは本当に美味しかったです!!!
 

…と、まあ。

語り出すと止まらないので、今回はこの辺で終了させて頂きます。
 

生野の斜め45度な韓国旅が気になる方は、こちらへ →→→ 【 @barber_bisco

 

アンニョ~ン♪♪♪